院長紹介

思い

患者さんが治るためのお手伝いをしたい

皆さん、初めまして。接骨院もみのき院長の佐藤真之(さとう・まさゆき)です。
当院は、患者さんが治るためのお手伝いをしたいと考えています。私は接骨院もみのきを開院する前、ある病院に勤めていました。その病院の医師が「我々は患者さんを治すのではなく、患者さんが治るためのお手伝いをしている立場」だと言われました。今でもよく覚えています。

東洋医学に基づく鍼灸や柔道整復は、患者さんの自己治癒力を高めるもので、「患者さんが回復するための手助けをする」といった考え方は施術の効果にも合っています。

患者さんの悩みを解消し、笑顔になってほしい。こうした思いで、日々、施術を行っています。

なぜ、この道を志したのか

治療家だった叔父の治療を受け、痛みが治る喜びを感じました

叔父が柔道整復師として接骨院を営んでいました。盆や正月に親族が我が家に集まるとき、叔父が親族に鍼灸治療をサービスで施していたのです。小さなころからそんな光景を見ていたので、ぼんやりとこの仕事には興味を持っていました。

私は子どものころからスポーツが好きで、小・中学生では野球を、大学生時にはスキー部に所属していました。スキーの楽しさにのめり込んでいたちょうどその当時、首を痛めてしまったのです。むち打ちの症状に似ていて、ケガをした翌日は全く首が動きませんでした。そこで叔父の鍼灸接骨院に通って治療を行ってもらったところ、徐々に治ってきたのです。

「自分も叔父と同じように治療家として、多くの人の痛みや悩みを解消したい」。そう思うようになり、現在に至ります。

プライベート

患者さんに迷惑をかけないよう、ケガをしにくいゴルフを楽しんでいます

当院を開院してから本格的に親しむようになったのが、ゴルフです。子どものころから野球やスキーなどを行ってきましたが、ゴルフはそれらに比べて大きなケガをしにくいことが特徴です。ケガで休むなどして患者さんに迷惑をかけることがないよう、仕事と両立しながら楽しめるスポーツをしたいと始めました。

そう言いながら、最近は仕事関係で定休日にも完全には休めないことがほとんどです。現在、埼玉県柔道整復師会中央支部の副会長や柔道整復師、鍼灸師の専門学校「育英メディカル専門学校」(群馬県前橋市)の講師を務めているため、会や学校に関係する仕事を行っていることも多いのです。もう少し休みたい気持ちもありますが、後進の育成や鍼灸や柔道整復の普及に携わることも楽しく感じています。

患者さんへのメッセージ

地元の方に少しでも貢献していきたい

私は旧吹上町(現鴻巣市)に生まれ、育ちました。地元である鴻巣市の方に少しでも役立ちたいとの思いで日々、施術に望んでいます。私自身、ケガで首が全く動かないつらい日々を過ごしたこともあるため、患者さんの気持ちに寄り添えるのではないかと考えています。患者さんの悩みが解消し、笑顔でご自宅に帰る姿を見ることが何よりの喜びです。今後とも患者さんが治るお手伝いができるよう努力していきます。接骨院もみのきを、どうぞよろしくお願いいたします。

プロフィール

  旧吹上町(現鴻巣市)に生まれる
1989年 あん摩・マッサージ・指圧師免許 取得
1990年 鍼師・灸師免許 取得
1992年 鍼灸マッサージ教員免許 取得
2000年 柔道整復師免許 取得
この間、病院リハビリテーション科、整形外科、接骨院に勤務する
2002年 接骨院もみのき 開院
2006年 育英メディカル専門学校(群馬県前橋市)の教員として後進の育成を開始

接骨院もみのき 各種保険取り扱い・交通事故・労災指定 TEL:048-544-2434 受付時間 平日 9:00~12:30/15:30~21:00 木曜予約制(自費診療)土曜 9:30~18:00 定休日 火曜・日曜・祝日 お問い合わせはこちら 鴻巣市役所そば駐車場有

接骨院もみのき 各種保険取り扱い・交通事故・労災指定 TEL:048-544-2434 受付時間 平日 9:00~12:30/15:30~21:00 木曜予約制(自費診療)土曜 9:30~18:00 定休日 火曜・日曜・祝日 お問い合わせはこちら 鴻巣市役所そば駐車場有